経営方針と取り組み

当社は1981年に大分市で創業し2011年で30周年を迎えます。
「寿司めいじん」、「鳥ざんまい」をはじめ、さまざまな飲食業種に進出し、店舗展開を進めていきました。今では7都府県に37店舗を構える総合飲食企業です。
当社は、人として、組織としての良心に従い、世の中から必要とされる企業であることを存在意義と捉えています。
そのために売上至上主義ではなく、人と自然との調和を保つ共生の企業文化を育んでいます。
そんな考え方に基づき、例えば飲食業の店舗からでる生ゴミを肥料として作物を作り、それを再び店舗で使用するという「循環型企業」をめざし、農業事業を開始しました。
また温浴事業やヘルス・ビューティ事業など、世のため人のためになる企業として成長を続けています。
一方で、じゃんけんポン大会やまぐろの解体ショー、ビアガーデン「天空物語」におけるオリジナルのショーを企画するなど、エンターテイメント性を追求するのも当社の特徴です。
「仕事は楽しくするもの」を基本コンセプトに、鮮度管理と衛生管理、エンターテイメント性の追及を徹底してくのが「めいじん流」です。
素直、プラス発想、勉強好き。
そんな仲間が、どんなことにも真剣に取り組んでいます。
その時々で変化しながら発展を続ける当社ですが、11年連続で黒字決算を続けており、財務面でも安定した健全経営を行っています。
時流の変化に柔軟に適応し、新しいことにどんどんチャレンジしている当社が、10年後、どのような企業になっているのか?
それは誰にも想像できません。
しかし皆さんに愛される企業として存在し続けていることは、間違いありません。